gray-bar

SITE BAY YOKOHAMA
ART_BARRELS

Yamashita Pier 2024 J号荷捌地 Color 600 film
Yamashita Pier 2024 J号荷捌地 Color 600 film

Oil Drum Regenerative Project
オイルドラム再生 プロジェクト

Yamashita Pier 2024 Oil Drum
Yamashita Pier 2024 Oil Drum

Motor Culture資源から持続可能なアートへ
 自動車整備工場で見つけられた産業のオブジェクト
耐久性の高い金属性のオイルドラム缶をリジェネラティブな
アートの生産モデルへと加工して産業生態系に小さな変化を与えます。
資源の再利用のみを目的としたカスケードリサイクルから離脱して
急速に変化する自動車産業の持つ文化的背景を考えながら
ドラム缶本来の物理特性を生かした可用性のある彫刻プロジェクトへと発展させます。
錆、へこみ、ヤレなど用務と労働の残映を古き良き自動車産業から継承し
昭和のモーターカルチャーからのホリスティックな再生を試みます。

YOXO FESTIVAL 2024 展示に参加しました。
YOXO FESTIVAL 2024
ファブラボ関内様ブース内のnitehiworks展示スペースの一部をお借りして
フリーハンドのドラム缶加工例の展示とドラム缶再生プロジェクトの概要を説明しました。

YOXOFESTIVAL概要
スタートアップによる技術実証、企業や学校、個人、イノベーター、クリエーターによる
「未来」をテーマとした展示、デモやワークショップなど
【開催期間】2024年2月3日(土)、2月4日(日) 【会場】新港地区(横浜ハンマーヘッド1F CIQホール)
【主催】横浜未来機構 【共催】横浜市
詳細はこちらhttps://yoxo-o.jp/yoxofestival/

マスクのポートレート

関内外OPEN!13 関内外OPEN!13

マスク姿のポートレート撮影会を実施しています。
新型コロナウイルスの感染拡大により余儀なくされたマスク生活を共に振り返りながら
マスクで過ごした日々の日常をフィルムに定着してみませんか?

Portrait of people wearing masks.
We will hold a mask-wearing portrait photo session.

Why don't you fix your daily life spent with masks on film while looking back together on the mask life you were forced to lead due to the spread of the new coronavirus?

マスクのポートレート 参加者記入フォーム

終了した撮影会のアーカイバルプリント(保存版) 作成依頼 記入フォームはこちら

Yamashita Bay Project
山下埠頭プロジェクト
SITE BAY YOKOHAMA

Field work by photograph 2019.10_
ポラロイドフィルムによるフィールドワークを山下埠頭で実施しています。

We are conducting fieldwork with Polaroid film
at the Yamashita Pier in the Port of Yokohama.

Retrospective
過去に遡って、回顧的な、追想にふける

山下埠頭プロジェクトでは、昭和の高度経済成長期に貿易産業や港湾都市文化を支えたふ頭の風景、上屋(うわや)や倉庫群、道路や照明設備、曳船係留施設、コンテナ群などを 時代を振り返りながらポラロイドカメラシステムで記録して行きます。

Retrospective_Yamashita Bay Project
The Yamashita Bay Project is a project that aims to develop the trading industry and port city culture during the high economic growth period of the Showa era. The scenery of the wharf that supported the city, the shed and warehouses, the roads and lighting facilities, the tugboat mooring facilities, and the containers etc. The Polaroid camera system is used to record the era in retrospect.

Bricolage
ブリコラージュ、器用仕事、有り合わせの材料と道具で新しいものを作る

Bricolage_Yamashita Bay Project
ポラロイドの写真装置としてのフィルム装填、撮像、フィルムの送り出しの仕組みにふ頭業者の上屋への搬入、保管、搬出の仕組みの運動を見だしています。20世紀の産業が生み出したその時代には新しく、そして今は古くなった機構を顧みる行為は 対象への利害を離れて風景に批判的に対峙するフィールドワークとなります。消えつつある昭和の産業遺産を、消えつつある昭和の産業製品ポラロイドカメラシステムの機材とフィルムで捉える事で「いまここにしかない」古い都市の記憶を定着します。

In the mechanisms of film loading, imaging, and feeding of film as a Polaroid photographic device, I find the movement of the mechanisms of loading, storing, and unloading of film into and out of port operators' sheds. The act of looking back at the mechanisms that were new in their time, and that have now become obsolete, produced by 20th century industry, becomes fieldwork that critically confronts the landscape without any interest in the subject. By capturing the vanishing industrial heritage of the Showa era with the equipment and films of the Polaroid camera system, the memories of old cities that are "only here and now" will be established.

保税倉庫 SITE BAY YOKOHAMA
保税倉庫 Bonded warehouse / 1970'

山下ふ頭について
山下ふ頭は、高度経済成長期の1963(昭和38)年に完成した在来貨物中心のふ頭です。横浜港を支える主力ふ頭として東南アジアや中近東航路の貨物船に利用されました。 ふ頭面積 47ha、岸壁総延長1,633mの構内に上屋(うわや)や倉庫、荷さばき地、物揚場、航空貨物ターミナルや曳船係留施設などがあり、港湾サービスの拠点としての役割もあります。

通関業務 SITE BAY YOKOHAMA
通関取扱い人 Customs Brokerage Agent / 1970'

コンテナ船による産業需要の変化から、貨物船による取扱貨物量は年々減少し近年は、外港の本牧ふ頭、南本牧ふ頭、大黒ふ頭などを補完する物流機能を担っています。また、ふ頭完成からすでに50年以上が経過しており、施設の老朽化が進んでいます。 現在は、立地特性を活かした観光需要に対応可能な再開発計画が進められています。再開発計画により、倉庫等の移転、解体が進められています。

About Yamashita Pier
The Yamashita Wharf was completed in 1963, during the period of rapid economic growth, and was mainly used for conventional cargoes. As the main pier supporting the Port of Yokohama, it was used by cargo ships on Southeast Asian and Middle Eastern routes. With a wharf area of 47ha and a total length of 1,633m, the wharf is equipped with a shed, warehouses, a loading area, a loading yard, an aviation With a cargo terminal and tugboat mooring facilities, the port also serves as a hub for port services. Due to changes in industrial demand for containerships, the amount of cargo handled by cargo ships has been decreasing year by year, and in recent years, the volume of cargo handled by cargo ships has been decreasing in the outer harbor. It plays a complementary distribution function to the Honmoku Wharf, Minami Honmoku Wharf and Daikoku Wharf. More than 50 years have passed since the completion of the piers, and the facilities have become decrepit. Currently, a redevelopment plan is underway to meet tourism demand by taking advantage of the location's characteristics. As part of the redevelopment plan, warehouses and other facilities are being relocated and dismantled.
泰生ポーチ SITE BAY YOKOHAMA
泰生ポーチ Taisei porch Building

Connectivity
接続されていること、接続性、連結度

Taisei porch_Yamashita Bay Project
retrospective(回顧)とbricolage(寄集め)を主要なコンセプトに
泰生ポーチビルの持つコンパクトな設計と、現在取り組んでいるポラロイドによる制作のコンセプト
に親和性を見出して、山下埠頭プロジェクトの写真によるフィールドワークを展示しています。

With retrospection and bricolage as its main concepts, this exhibition shows the photographic fieldwork of the Yamashita Wharf project, finding an affinity between the compact design of the Taisei Porch Building and the Polaroid production concept we are currently working on.

SITE BAY Instagram / Yamashitabay_project

場所は関内相生町2丁目 泰生ポーチの3F 304号です。
現在は作品制作および展示作業中の為、公開予定の活動はありません。

Location: 304, 3rd Floor, Taisei Porch, 2 Aioi-cho, Kannai, Naka-ku,Yokohama.
We are currently working on creating and
exhibiting our work, so there will be no public activities.

〒231-0012 横浜市中区相生町2丁目52番地 泰生ポーチ 3F 304号
鉄道でのアクセス JR東日本 関内駅徒歩5分、みなとみらい線 馬車道駅徒歩5分、市営地下鉄関内駅徒歩5分

Taisei porch 3F 304 / 2-52 Aioi-cho,Naka-ku,Yokohama 231-0012 Japan
SITE BAY YOKOHAMA Copyright(c)2019-2024 SITE BAY All Right Reserved.